FC2ブログ
2016/10/17

ゼーガペインADP観てきたよ 感想編

舞浜の夏は終わらない

アニメ10周年を記念して
2016年10月15日〜28日までイベント上映されていた『ゼーガペインADP』

ネタバレ全開で書きますがまずはこちらから
最初に思ったこと 
(誤字:二コマ目「自前」→「事前」)

だまされた!ああだまされた!だまされた!(575)


作品の舞台である舞浜で見られたのはとても感慨深く、加えて総集編と思ってみたらびっくり
これ、キョウが一度壊れて再生するまでの話じゃないのと思ってからはあれよあれよとキョウの思い詰める性格と追い詰めていく出来事がどんどん増えていって最後、アニメ冒頭の自爆に繋がるという展開でした。

このため一回目特に意識に残ったのは
・バトルシーンも作画も違和感なく繋がっててすげー。もっさりしてない!(失礼)
・カミナギが別人だぁ(いろんな意味で、いろんな意味で)
・カノウ先輩が中二すぎてつらい
・クラシゲ、校長と案外ガルズオズム関係者多かったのかってことと、そのほとんどが無限ループに飲み込まれて(戦死、記憶消去)いったんだということ。
・ADP最後のシーンとアニメ第1話が違うんだけどなんでじゃろ?

というようなことを思い劇場をでてから早速アニメを見返したまあとなのでした。
そしてさらにもう一度ADPを観たくなった結果Amazonビデオで観た私。

(こちらはBDのリンク。まあとはAmazonビデオで4000円くらいで観てます)

これらを踏まえて考察をちょっぴりしていきたいと思いますのでよろしければ次の記事で!
ではでは

<つづく>
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント