FC2ブログ
2014/01/20

ガンダムビルドファイターズ第14話感想

ガンダムビルドファイターズ第14話「暗号名(コードネーム)C」

BF14−2
胸のマーキングが悪目立ちしてる気がするんですが商売だから大丈夫なのかと無駄心配したり


三度マシタ会長の差し金がセイ達を襲う。三度目の正直とも言いますか、それとも仏の顔も三度まで?かも?


予選ピリオドダイジェスト
射的、3on3は理解できるけど、玉入れって運がものを言う種目があるという点で全勝する人たちのすごさはなかなかのもの。射的にてセイがガンプラを操作するシーンがあって、短かったですが大好きなシーンでした。助け合いって感じ?

ラルさん御歳35歳
遅刻しながらも会場に向うチナとラル。「寄る年波には勝てない」なんて言う35歳っているのかな。チナはいくつくらいだと思っていたんだろう。親より年上だと思ってたけどそうじゃなかった!とかでしょうか。そう考えるとチナのお父さんはいくつだろ(どうでもいい

ラルさん「なんであやつが?」

会場にたどり着いた所怪しい影を発見したラルはチナを置いて尾行を開始。ここ二回ほどラルさんへの注目が集まる。さすがレギュラーだね。

暗号名Cと改造ジオング
秘書が依頼した暗号名Cは金さえ出せば合法非合法なんでもする仕事人。今回の役目はセイ達の足止めのため改造ジオングを駆使して襲い掛かります。仕事場ではそれとさとられたらいけないはずだけどガンプラにマーキングしてるよこの人。

妨害を突破するも…
RGシステムを使ってコースに戻ったスタービルドストライク。必死で巻き返しを計るもレナート兄弟の妨害と、自身のエネルギー切れにより敗北。この結果、無念というより憤りしか生まないとても後味の悪いものでした。せっかくラルさんの協力も及ばなかったところなど悔しいばかりのお話でした。

勝利の美酒?
妨害の結果に満足するマシタ会長の元に単身乗り込んだレイジ。またマシタ会長のぐにゃぐにゃ顔が観られるかと思ったけどその余裕すら無かったか(笑。レイジと顔合わせしたくないから工作をしたのにそれが裏目に出た形ですね。


次回「戦士(ファイター)のかがやき」
フェリーニとの一騎打ち!本気のフェリーニはどの位の強さなのか?レイジとは師弟対決になるわけですがその結果とは?マシタ会長のその後も気になります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント