FC2ブログ
2013/12/31

ガンダムビルドファイターズ第2話感想

ガンダムビルドファイターズ第2話「紅の彗星」
BF2
レイジの服は私服なのかアリアンの民族衣装とかそういうのなのか

ゴリラことゴンダは再登場の機会があるんだろうか、ゴールドスモーはカッコ良かったですね。


レイジがガンプラバトルに自分から参加するようになるまで
第一話はセイがレイジとパートナーを組みたいと思うまででしたが、今度はレイジの意志を確認する回。そもそもレイジは最初に会ったときの借りを返すために操縦しただけで、ガンプラバトルに興味は無かった。そうした中でどのようにセイとペアを組むようになるのかを描いた回でした。

ライバル、ユウキ・タツヤ
今回もう一つのトピックはライバルキャラの登場。「生徒会長」だったり「家がお金持ち」だったりといった要素が安定のライバルキャラを演出しています。普段は他の生徒たちの人望を集める人気者でありながら、バトルの時はとても熱い性格という二面性も面白い。そういう意味では「メイジン・カワグチ」になってからは普段の調子がバトル時と同じなので面白みが半減という見方もあるかもしれません。しかしメイジン・カワグチの真意は未だ謎の一言に尽きますね。

ライバルと決着を付ける。その舞台はガンプラ選手権
前回のサザキとの戦いを聞きつけたユウキはセイを呼び出し戦いを申し込む。結果はセイ達の完全な敗北、しかしユウキは「セイのガンプラが完全な形の時に戦いたい」と言う。バトルシーンの腰にビームサーベルを付けたまま攻撃するシーンが当たらなかったけどカッコイイ。ザクアメイジングの回し蹴りもいいですね。


次回予告「フルパッケージ」元ネタ 機動戦士Zガンダム 君は時の涙をみる
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント