FC2ブログ
2013/11/11

今日のビルドファイターズ第6話

『戦う理由』 バンダイチャンネルにて最新話無料配信中!

これまでのあらすじ
ガンプラのプラモデルと反応することでプラモデルが動かすことができる『プラフスキ―粒子』が発見されて十余年たった世界。そこで卓越したプラモデル制作技術もつイオリ・セイと異世界から来たと言う謎の少年レイジがであう。レイジの非凡なガンプラファイターとしての見出したセイは彼と一緒にガンプラ世界大会優勝を目指すのだった…

今回のあらすじ
地方予選大会準決勝までコマを進めた二人は因縁の相手ユウキ・タクヤの出場辞退を知る。ライバルの突然の棄権に動揺するレイジはセイと別れ一人放浪するのだが…

※資料無しで書いてるので詳細違ったらすいません(サボり


いなくなったとおもったらやっぱりいた!相も変わらずユウキがらみはなんか世界が違う。
VSユウキの時のバトルBGMが今までにないもので新鮮です。ユウキは特にオマージュ要素が多いのですが、その中にオリジナル要素があるとすごく輝きますね。…あの曲もオマージュじゃないよね?(不安

名誉も誇りも捨てて
ユウキの出場辞退に憤るレイジ、第一話の時もでてきた「名誉と誇り」という言葉、レイジのいた世界にきっと関係しているんでしょうね。同じように強調されるのは「遊び」という言葉。レイジきな臭いで。

ぎゃんぎゃぎゃ~ん(絶叫
セイ達の準決勝の相手はユウキに変わりキザキの「ギャンギャギャン」金色&ダブルシールドという男の子男の子したデザイン。善戦するものの「ビルドストライク」のビームサーベルで一刀両断。キザキ良いキャラだ

セイママにやにや
セイと今作ヒロインのチナとのやりとりを眺めるセイママことリン子の振る舞いがなんかリアル(思い出される昔の記憶

ラルさん名解説役
子どもたちのガンプラバトルを眺めて「たかがおもちゃの遊び」と言うレイジに「好きだからこそ本気になれる」というラル。ところどころでメッセージ噛ませてくるけど説教くさくないのはラルさんが謎のキャラだからだろうね(笑

そしてライバルとの再戦
いなくなったはずのユウキがレイジ達の前に登場、何も言わずガンプラバトルが始まります。ビルドファイターズのバトルは今のところすごい練りこまれててどれも目が離せない出来なのですが、今回はこれまでで最高の戦いでした。今まではガンプラにフォーカスが当たっていたのですが、今回はパイロットにも動揺、焦り、そして高揚した表情というなんとも楽しそうにバトルをしてる姿が、ゲームや試合で接戦を繰り広げてる時なんかこういう気分になるわけで、そういうのが良く表現されてると思います。

つまり熱い(こなみかん

それにしてもユウキのセリフ回し笑える。

不法侵入の人たち
学校侵入二度目のラルさん、レイジのコーチをしていたフェリーニ、ユウキを連れてった金髪くん。警備員さんこっちです。

戦いの後
ユウキに敗北したもののスッキリとした表情の二人、ビルドストライクはボロボロになってしまい決勝戦にはどうしたら、と思いきや新ガンプラ「ビルドガンダムMk-2」をセイは作っていた。そして二人は地区予選決勝に進むのでした。

決勝の相手、大会常連のガトーさんとは一体…?(多分登場せず


次回予告(Gガンダム):サービス回。ツイッタ―ではチナよりもリン子水着姿の方が人気だ!どういうこった!(ヒント:ツイッター利用年齢の多くは30~40代

きっと世界大会だからリゾートに行くんだよ。ラストリゾートに(08ネタ

ずっと感想描きたいと思っていたのだけれど時間が無いので書きなぐりです。やっぱり観てすぐ書くのが一番だね!
今後も体力の続く限り感想書いていきますのでよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント